導入事例・効果

金属ボルト 打痕

金属ボルト 打痕 1

  • 金属ボルト 打痕 1 サムネイル
  • 金属ボルト 打痕 2 サムネイル
  • 金属ボルト 打痕 3 サムネイル
業界
カメラ
890万画素 モノクロエリアセンサカメラ
レンズ
マクロレンズ
照明
LEDバー照明
ライブラリ
HALCON Progress Edition

ご提示いただいたワークに対して、「ネジ部の打痕」が良好に検知できる方法を検討しました。

画像取得環境

画像を撮影取得する条件は以下のとおりです。

・等速回転するステージにワークを固定し、ワークを等速回転させる。

・ワークの胴体部分にLED照明を当て、カメラで連続的に撮影する

以上より、下図のような構成でワークを撮影しました。

テスト結果詳細

サンプル1-検知結果1

検知箇所をソフトウェアにて自動的に丸を付けています。ネジ山が打痕によりつぶれている個所を検知できています。

サンプル1-検知結果2

検知箇所をソフトウェアにて自動的に丸を付けています。ネジ山が打痕によりつぶれている個所を検知できています。検知結果1より細かい打痕を検知しています。

サンプル2-検知結果1

検知箇所をソフトウェアにて自動的に丸を付けています。ネジ山が打痕によりつぶれている個所を検知できています。検知しきれていない打痕は、次の検知結果2にて検知しています。

サンプル2-検知結果2

検知箇所をソフトウェアにて自動的に丸を付けています。検知結果1からワークを回転させて角度を変えたものです。検知結果1で検知しきれなかった打痕を検知しています。連続撮影しながら全周囲に画像処理をかけることで、くまなく検知させています。

まとめ

今回は簡単化のため、全周囲を撮影したものの中から、不良個所が見えている画像を選択して検討いたしました。これらについて、良好に検知できております。

画像検査に関するお困りごとがございましたら、お気軽にご相談ください!

テスト検査のご依頼大歓迎!

テスト検査のご依頼大歓迎!

お問合せはこちら