レンズ選定のポイント

4つの種類のレンズ

画像検査分野におけるレンズは、大きく分けて以下の4つに分類されます。

 

①標準レンズ(CCTVレンズ)

視野角(画角)は45°から60°程度が多い、標準的なレンズです。

焦点距離が撮像センサ(エリアカメラのカメラセンサー)の大きさの対角線程度のものを選定する必要があります。

撮影した画像は外周部に歪みがあることに留意が必要です。

 

②マクロレンズ

マクロレンズの特徴は、被写界深度(ピントの合う距離)が深い画像を得られやすいという点です。

ワークからレンズまでの距離を短くしたい場合、かつ広い範囲を撮影したい場合に使用します。

 

③テレセントリックレンズ

計測用途に特化したレンズです。レンズによる歪みのない画像を取得することが可能です。

ただし、ワークディスタンスを変更することで光学倍率を変えることができないため、

設置後にピントや高さを微調整することが難しい点に注意が必要です。

 

また、視野角以上の大きさのレンズ鏡筒や前玉が必要となるため、視野角によってはレンズ本体が非常に大きく、かつ非常に高価な点にも留意が必要です。

 

なお、マクロレンズや標準レンズでも、工夫やソフトウェアによる補正で、ある程度のレンズ歪みを無視することが可能です。

 

④高解像度用レンズ

100万画素を超えるようなカメラを使用する場合には、このタイプを使うことが望ましいです。

上記の①~③それぞれに高解像度用のものがあります。

テスト検査のご依頼大歓迎!

テスト検査のご依頼大歓迎!

お問合せはこちら