導入事例・効果

アジャスターボルト

アジャスターボルト 1

  • アジャスターボルト 1 サムネイル
  • アジャスターボルト 2 サムネイル
  • アジャスターボルト 3 サムネイル
業界
カメラ
400万画素カラーエリアセンサカメラ
レンズ
テレセントリックレンズ
照明
面照明
ライブラリ
HALCON Progress Edition

ご提示いただきましたワークに対して、

ネジ部の打痕

が良好に検知できる方法を検討いたしました。

画像取得環境

画像を撮影取得する条件は以下の通りです。

  • ワークの不良個所をカメラに正対させて静止
  • カメラ-ワーク間の距離(ワークディスタンス)は制限しない
  • ワークの長さが多岐にわたるため、テストトライとしてワークの一部のみを撮影

以上より、下図のような構成でワークを撮影しました。

テスト結果詳細

いずれも、付属のナットを通し、ナットが止まった個所について検知が可能かを検討しています。また、ナットが奥まで通ったものについては、打痕らしき個所を検査処理させて、OKとなることを確認しています。

サンプル1.2

こちらは、打痕を検知し、NGと判定されたものです。打痕が検知された個所は黄色い円で記されています。

サンプル3-1. 3-2. 3-3. 3-4

こちらは打痕がないため、OKと判定されたものです。

サンプル4.5

こちらは打痕が検知され、NGと判定されたものです。打痕が検知された個所は黄色い円で記されています。

まとめ

各サンプルについて、ナット通りNGのものはNGと検知し、OK品の誤検知はありませんでした。いずれのサンプルでもボルトの打痕は正常に検知できました。

画像検査に関するお困りごとがございましたら、お気軽にご相談ください!

テスト検査のご依頼大歓迎!

テスト検査のご依頼大歓迎!

お問合せはこちら