導入事例・効果

ギア

ギア 1

  • ギア 1 サムネイル
  • ギア 2 サムネイル
  • ギア 3 サムネイル
業界
カメラ
レンズ
CCTVレンズ
照明
フラットドーム照明
ライブラリ

ご提供いただいたワークに対して、カッターナイフによりキズをつけ、その外観検査について検討いたしました。

画像取得

画像を撮影取得する条件は以下のとおりです。

・ カメラとワークの距離(ワークディスタンス)は制限せず、撮影可否を優先する

・ 照明とワークの距離は制限しない

以上より、下図のような構成でワークを撮影しました。

テスト結果詳細

実際にギアサンプルをこの光学設定で撮影した結果を以下に記します。

端面キズ

一番左の写真の赤枠内がカッターでキズをつけた状態のものです。通常照明下では光量が様々変化してキズが明るく見えたり暗く見えたりして特定が難しい状態です。今回検討した光学系では中央の図のような画像が得られ、比較的容易にキズの検知が行なえます。下の図のように、検知された箇所がオレンジ枠で示されています。

歯部キズ①

一番左の写真の赤枠内がカッターでキズをつけた状態のものです。今回検討した光学系では中央の図のような画像が得られました。微妙な表面のテカリなどは排除した画像が得られています。右の図のように、検知された箇所がオレンジ枠で示されています。