導入事例・効果

ペットボトルの蓋の閉まり具合と賞味期限、液面の画像検査

ペットボトルの蓋の閉まり具合と賞味期限、液面の画像検査 1

  • ペットボトルの蓋の閉まり具合と賞味期限、液面の画像検査 1 サムネイル
  • ペットボトルの蓋の閉まり具合と賞味期限、液面の画像検査 2 サムネイル
  • ペットボトルの蓋の閉まり具合と賞味期限、液面の画像検査 3 サムネイル
業界
三品業界
カメラ
キーエンス製×2
レンズ
キーエンス(標準レンズ)
照明
バックライト照明・バー照明
ライブラリ
キーエンス

画像検査に求められるタクトタイムの短さが課題

 

タイトルのように、多くの検査を一度に実現する検査事例のご紹介です。

 

ペットボトルは一般的に大量生産品になります。

生産タクトタイムは非常に短いため、それに応じて画像検査に求められる

タクトタイムも非常に短くなることが、

画像処理上の大きな課題です。

 

今回の事例では1分間に800本。1秒あたりに13本以上作られていますが、

そのような難しい外観検査でも低コスト・高パフォーマンスでできる

画像検査.comの技術をご紹介させていただきます。

 

 

画像検査に必要なカメラ・レンズ・照明

 

・カメラ:キーエンス製×2

・レンズ:キーエンス製(標準レンズ)

・照明:バックライト照明・バー照明

・ライブラリ:キーエンス製

 

カメラはキーエンス製の物で、特注品でもありません。

タクトタイム実現のためには、カメラではなく設備に対するノウハウが重要となります。

 

検査項目によって照明のあてかたを工夫

 

検査項目は下記となります。

・液面検査

・印字検査(賞味期限)

 

検査対象となるものは液面と文字となり、カメラからの見え方は全く異なるものとなります。

そこで、今回の事例では照明の当て方を工夫することで対応いたしました。

 

・液面検査

 →バックライト照明

・印字検査(賞味期限)

 →バー照明

 

トップチェーンコンベアを使用することで搬送性を確保

 

また、1分間に800本のワークを処理するため、設備としてはトップチェーンコンベアを採用しました。飲料ではおなじみの物ですが、NG品が出た時のために等間隔で搬送する必要があり、それを実現できるようにトップチェーンコンベアの設計と制御を工夫しました。

 

画像検査.comではカメラだけでなく、装置に関するノウハウを多く蓄積しております。

また、医療・食品など三品業界における実績は豊富ですので、「こんな製品を検査したい!」とお考えの際は気軽にお問い合わせ下さい!!

 

テスト検査のご依頼大歓迎!

テスト検査のご依頼大歓迎!

お問合せはこちら